米ドル建投資に殺到する中国人貯蓄家

 上海の招商銀行が販売開始した年利2.37%の理財商品が、わずか1分で完売したそうです。
 中国では、人民元相場が下落する中、外貨を保有しようとする貯蓄家が多く、海外送金をしなくても、国内で米ドルを保有することができる米ドル建ての投資商品に人気が集中しているとのこと。
 「理財」とは中国語で「資産運用」を意味し、理財商品とは、中国国内で販売されている資産運用商品のことです。個人投資家を主な対象として、債券などを小口化して作られた金融商品で、高利回りなことが多く、最近販売が増えています。この記事によると、中国からの資金流出金額は、2015年初め以来、1兆5千億ドル。中国当局は、人民元の海外流出を懸念し、監視・取締りを続ける意向とのことですが、通貨リスクを分散する重要性を改めて認識させられる記事でした。

https://www.bloomberg.com/…/gone-in-60-seconds-chinese-snap…