サウジアラビアが8年ぶりに原油の減産を決定しました。日量約72万バレル減の大幅減産となります。
原油価格下落により、産油国が経済に大きな打撃を受けている中、OPECはロシアやオマーンといったOPEC非加盟国と産油量の調整を続けていますが、現状、未だ供給過剰と見られています。

今後も原油を巡る動向から目が離せませんね。

原文はこちら
https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-02-13/saudi-arabia-tells-opec-it-cut-oil-output-by-most-in-eight-years