ファンド分類 投資信託
戦略     不動産関連シェア並びに持分
投資難易度  ★★
リスク    ★★★
投資可能通貨 米ドル、ユーロ、英ポンド
最低投資金額 USD10,000
投資先    オフィスビル、倉庫、工場、商業施設など
規模     110.55百万ポンド
設定日    2016年
取引頻度   月次
ファンド・マネジャー Tim Legge

イギリス不動産インカムファンド

 1995年から不動産投資で順調な実績を上げている会社が、2016年にインカムファンドを立ち上げました。
 投資先はイギリス国内のオフィスビル、倉庫、工場、商業施設などで、ファンド開始後、1年で141百万ポンドの利益を上げました。
 不動産投資は、毎年の賃料収入による利益(これを、「インカムゲイン」と呼びます)と、売却時の値上がりによる利益(これを、「キャピタルゲイン」と呼びます)を期待する投資ですが、このファンドは、主にインカムゲインを狙った運用をしています。

イギリスの不動産事情
 ファンド会社の分析によると、イギリスの不動産部門は、賃貸物件に対する強い需要があるほか、過去十数年間順調に伸びており、中期的なキャピタルゲインを狙うことが可能とされています。

当該ファンドの戦略
 このファンドは、長期的な賃貸により、安定的な不動産収入を得ることで運用されています。また、投資する不動産は、値動きが大きいロンドン中心地や繁華街を避け、地方都市のタウンセンターやビジネス街といった物件を対象としています。主な借り手は、アマゾン、IBM、DHL、TESCOといった大手企業です。