海外投資は日本ウェルスマネジメント

よくあるご質問

  • HOME »
  • よくあるご質問
まず、何から始めればいいですか?

 まずは、個別コンサルティングにお越し下さい。初回は無料です。日本人コンサルタントがお客様の夢、目標、ファイナンシャル・ニーズなどについて詳しくお話を伺います。

海外投資を始めるときに気をつけるべきことは?

 大切な第一歩は、「目的/目標」を明確に定めることです。何のために海外投資/資産運用をするのか?がわかれば、現状と目標とのギャップがクリアになります。「ただなんとなく・・」という気持ちで投資を始める方は、なんとなく途中で止めてしまいます。

投資ってお金持ちじゃないとできないのでは?

 投資は決してお金持ちの人々だけのものではありません。
 今手元にある資産を有効活用するための投資もありますが、ほとんどの方が将来の重要なライフイベント(結婚・教育・マイホーム・老後)に備える目的で投資を行います。そのような場合の多くは、毎月の家計の中から出せる範囲で、貯金や貯蓄のような形で投資を行う、毎月数万円の積立投資を始めるお客様が多いのです。

オフショアってなんですか?

 オフショアとは一般的に「海外」を意味します。海外投資におけるオフショアとは単に海外ではなく、タックスヘイブンと呼ばれる租税回避地での投資を意味することが多いです。タックスヘイブンは法人税や源泉課税などがゼロまたは低税率という税制優遇措置をとっている国や地域で、世界中のファンド(投資信託やヘッジファンドなど)は、これらタックスヘイブンに設立/登記されていることが多いといえます。

海外投資って違法なのですか?

 いいえ、違法ではありません。
 日本では1998年に外為法が抜本的に改正されて、それまで原則届出/許可制であった対外取引が自由化され、個人が原則自由に海外投資することができるようになりました。脱税や犯罪資金の浄化などの目的で海外へ資産を移動させることはもちろん違法ですが、純粋に資産運用や投資の目的で海外へ資金を移動することは法で認められており違法ではありません。

外貨を持つメリットは?

 為替リスクと国家リスクの分散です。
 日本人の多くは日本円のみで資産を保有しています。しかし、日本は食糧や原材料、エネルギーなど身の回りのモノのほとんどを輸入に頼っています。為替の影響で円安になれば、これらの輸入物資の調達コストは上昇し、すぐに小売価格に反映され、家計や企業を打撃します。
 例えば、日本円が米ドルに対して安くなる(円安/ドル高)ということは、日本円の購買力が低下するということです。例えば1ドル=100円のときには1,000円で1ドルのペンが10本買えます。しかし、1ドル=120円の円安になると1000円では8.3本しか同じペンを買うことができなくなります。
 しかし、為替というものは相対的なものです。日本円も米ドルもユーロもポンドも全ての為替が同時に暴落するということはありません。複数の通貨に資産を分散することは、為替リスクを分散する意味でも、国家リスクを分散する意味でも非常に重要なポイントとなります。

どの通貨を持つべきですか?

 米ドルが無難でしょう。
 日本で生活していれば、大抵の場合日本円しか必要ありません。投資初心者の方が次に加える外貨としては、米ドルが無難かと思います。国際的な基軸通貨として圧倒的な流通量があり、国家破綻の危険性も流通停止の危険性も極めて低い通貨と言えるでしょう。しかし、どの通貨を持つべきかはお客様の好みや事情にもよりますので一概にはいえません。国際通貨としてはその他、ユーロ、英ポンド、豪ドルなどもありますので、色々比較してみてはいがでしょうか。

海外銀行口座を開設するべきですか?

 開設してもしなくてもいいんです。
 海外投資には「海外銀行口座が必要」という間違った認識をもっている方が多くいらっしゃいます。海外投資と銀行口座は全く別モノですので、必要不可欠なものではありません。香港やシンガポールなどで銀行口座を開設しその後、数年間まったく利用しなかったが為に口座が凍結してしまいその解除手続きの為に再び渡航を余儀なくされたという個人投資家も多いようです。日常的にその口座を利用し、銀行とのやり取りを無理なく英語で行えるなどの場合を除いては安易に海外で銀行口座を開設することはお勧めしません。

何に投資したらいいのかわかりません。

 投資に対するぼんやりとしたお考えをお聞かせください。ピッタリの商品をご提案いたします。
 弊社は200社を超える海外金融機関とのネットワークを有しており、金融商品の数では数千種類となります。投資家一人ひとりに合った投資/運用手法のコンサルティングと商品の紹介を独立的な立場から行うサービスを提供しておりますので、先ずはどのような投資にご興味があるかなどお客様のお考えをお聞かせ下さい。

英語ができないと海外投資はできませんか?

 難しいです。だから弊社のようなサポーター(IFA)がいるのです。
 海外投資では、商品の説明書、申込書、契約書、各種手続などのほぼ全ての書類は英語になります。何かあったときの相談や連絡も英語です。なので、英語が出来ないと、書類の意味もわかりませんし、例えば住所を変更したいなどの簡単な手続きでさえ一人でできず、非常に厳しいと思われます。
 しかし、だから、私たちIFA(Independent Financial Advisor)がいるのです。私たちの役割は、お客様に最適な投資をご提案するだけでなく、言葉の壁を取り除くことにもあります。商品内容の説明に始まり、投資先の運用会社とのやり取りなどの仲介を行うことにより、投資家の皆様が言葉の壁で無駄なお時間を遣う事も余計な心配をすることもありません。

投資を始めるときに必要なものはなんですか?

 基本的には、プランニングと、身分証明書と住所証明だけです。
 投資を始めるにあたって必要なものは、しっかりとしたプランニングです。投資する商品の特性をよく理解し、不明な点などがあれば何度でも担当コンサルタントに相談してください。
 実際の申し込みには原則パスポートコピーと住所証明(クレジットカード明細や免許証コピーなど)が必要となりますが、これらは商品毎に異なるため都度ご確認下さい。

日本ウェルスが破綻したらどうなりますか?

 お客様の投資資金に全く影響ありません。
 弊社の役割はあくまで、投資家であるお客様と投資先である金融機関との橋渡しをするコンサルティングにあります。契約のサポートはいたしますが、契約はあくまでお客様と金融機関との間のものとなります。弊社ではお客様の資金をお預かりすることは一切ありません。
 弊社は上場企業グループの一員として健全な運営と法令順守に努め、投資家の皆様との世代を越えたお付き合いを目指しておりますが、万が一、弊社が破綻しても、お客様の投資資金とは無関係です。

 

PAGETOP